変わる子育て

子供を育てていくということは、非常に難しいことです。大人が自分のことを面倒見ながら生きていくのに対し、子供は自立して生きていくことはできません。だからと言って、子供は人形ではなく、一人格を持った人間です。子育ては、常に変化する状況の中、大人が対応していかなければいけないからこそ、難しいものとなってきているといえるでしょう。

もう一つ、社会環境が大きく変わったということがあります。日本の社会は、隣のうちにお米や醤油、味噌を借りることができた関係でした。それが、関係は孤独となり、共同性は年々薄くなってきているのです。そのため、隣のうちの顔は知っていても、名前も知らないという関係は多くなり、子育てに関しても孤独に行わなければならなくなってきているといえるでしょう。社会が子育てを指導してきた時代は、段々となくなりつつあるのです。

さらに、生活がファッション化してきていることもあります。子供を背負って生活することはかっこ悪いと考えられることもありますし、その道具など使いたくないという人も増えました。おんぶひもを使いながら仕事をすることもできず、子供と触れ合う時間も減っていっているのです。

現代社会として、子育てができない社会であることは、百害あって一利なしといえます。そういった社会の側面を考えながら、自分たちの子育てに生かしていかなければ、子供は健全に育たないといえるでしょう。いろいろな情報があふれる中、子育てということに絞ってありますので、これからの生活に役立てていただけたらと思います。

[管理人注目サイト]
子育てに関する様々な相談が出来るコミュニティサイトです > 子育て 相談